スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8日の資格試験はこりゃ無理だわ!


11月5日(木) 日勤 今週は土日休みなので今日明日のみ出勤です。

ラブが今年初めての袖入りでした!

 ラブさんを浜松在住中に近所からお迎えしたのが2007年11月27日!
連れて来て直ぐにポン太の膝上によじ登り、ポン太のジャンパーの右袖に
潜り込んで寝てしまったラブでしたが、昨晩は夜になって流石に寒くて、
例の紺色のジャンパーを着ていたら、早速ラブがやって来て潜り込みました。

 ラブにとっては今年初めての袖入りになります。
これから冬に向かいこんな日が続くようになればポン太の肩凝りの季節です。



 ラブがポン太のジャンパーの袖で寝るようになったきっかけは、
お迎えして直ぐに我が家のフェレ軍団に激しい虐めを受けた為です。
とにかく安心して眠れるのはポン太のジャンパーの袖の中だけだったから。
それから程なくしてジャスミンがラブを可愛がってくれたので良かったですが、
ジャスミンも居なくなっちゃったしね。やっぱりポン太が一番安心みたい。


今日のポン太と4フェレたち!

 ポン太は11月8日の日曜日は資格試験ですが準備不足もいいとこで
今回は受ける前から結果は見え見えです。
その為今日明日と出勤して土日がOFFになります。
さて仕事にでかけます。



 18時に帰宅して部屋を温める為に早速夕飯の支度です。
夕飯を食べて早速4フェレ放牧です。









今日何食べたっけ?

朝飯:(自宅で)ピーナツコッペパン、グレープフルーツジュース

朝飯1105

昼飯:(職場で)天麩羅そば、りんご、ウーロン茶

20091105122637


夕飯:(自宅で)トムヤンクンベースのチャーシューワンタン麺、濁り酒

夕飯1105

 今夜は面白いチャーシューワンタン麺を作ってみましたがなかなか美味い!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やるせなくて

ジャスミンちゃん、もうきっと虹の橋で他のフェレちゃん達と再会して、楽しく遊んだりはしゃいだりしているのでしょうね。

我が家には、新しい住人が加わりました。
先月の大きな台風がきた日、下の公園から弱々しい仔猫の鳴き声が・・・。
生後1ヶ月くらいのきれいなグレイの仔猫。
ココナと名づけました。

それから1ヶ月。
誰にでもフレンドリーな犬のバニラはともかく、モルモット達やフェレズと仲良くやっていけるのだろうか・・・と不安でしたが、今ではすっかり仲良し(?)
特にプリンとは仲良くなって、一緒にソファの上でかくれんぼしたりしています。
我が家一の暴れん坊ペコも、最初はシッポを立てて威嚇したり、耳を齧って虐めていましたが、今では楽しそうに一緒に追いかけっこをして遊んでいます。

我が家では、そんなハッピーな感じで納まりました。
ところが、昨夜、また仔猫の鳴き声が!?

探しに行くと、公園の駐車場にまだ暖かい温もりを残した小さな仔猫の亡骸が・・・。
そしてその傍には、その子の姉妹らしい仔猫が必死に鳴いていました。
とりあえず妹がその子を保護し、亡骸には手を合わせて埋めてあげました。

私は、出会った子達は、みんな神様が出会わせてくれた子だと思っています。
力及ばずな事も多いけれど、きっと出会うべくして出会っているのだと。
ジャスミンちゃんも、のんちゃんも、ポンちゃんも、他の沢山のフェレズ達も、何かしらを私たちに与えてくれてますよね?
私はちょっとでもその恩を彼らにお返しできているのかな・・・?

どうやら公園の茂みに、まだ他に2匹ほど仔猫が捨てられているようです。
昨夜は警戒して1匹しか出てこなかったので、これからまた捜索に行く予定です。
捨てられてまだ間もないらしく、保護した子は体もとてもキレイでした。
一昨日の寒さでか、駐車場の車にひかれてしまったのか・・・もうちょっと早く保護できていたら、亡くなった子も助けられたでしょうか?

とりあえず残りの子も保護をして、里親さんを探す事にしましたが、今後また捨てられていく子達をどうしたらいいのでしょうね?
私には、とりあえずの策で公園を管理している市に、注意喚起を呼びかけるぐらいしか出来ません。
けれど目の前で必死に鳴いている子を見過ごすことも出来ません。。。

簡単に小さな命を簡単に捨てていく見知らぬ人に腹が立ち、でもどうにも出来ない自分にも、何ともいえないやるせなさが募ります。
最近、こんな事をずっと考えこんでしまっています。

虐待フェレさんを捜し廻ったセシリアさんを思い出します。

>セシリアさん

ジャスミンは今頃きっとポンちゃんのんちゃんのこちゃんと再会し、新たな仲間たちにも紹介されている事と思います。
チョコちゃんとは逢えたかなあと気になります。

セシリアさんは公園で子猫を保護されたのですね。
やはり捨て猫だったのでしょうか?
保護された子猫は良かったですが切りがないですよね。
人間のモラルが問われますよね。
多分セシリアさんに拾われたのも縁だったんですね。
数年前に虐待フェレさんの事件があった時に、セシリアさんが犯人が捨てらたのはここかも知れないと公園を捜し廻った事を思い出します。
そして動画で執拗に犯人に叩かれ悲鳴をあげていたマーグドホワイトのフェレさんの事も忘れる事が出来ません。

捨てるのも虐待と一緒です。
ココナちゃん、そして妹さんが保護した子猫が幸せになれますように。

初袖入り^^;

ラブちゃんのこれを見ると
「寒くなっきて冬なんだな~」
と思います。

潜られるポン太さんはお辛いでしょうけど
ラブちゃんにとっては至福の時♪
なんでしょうね(*^^*)


命を捨てる人間
それを見捨てる事の出来ない人間
動物達を保護するのはとても大変ですし
辛いこともたくさんあります。
セシリアさんの気持ち、とてもよくわかります。

優しい人はその分心が傷つきますから…

捨てるのも虐待と変わらないですよね。

>るんるさん
 ラブが袖入りを始めるといよいよ冬近しなんですよね。

 何故か利き腕の右袖と決まっているので潜られると重くて肩が直ぐに凝ってしまいます。
でも気持ち良さ気に眠っているとねえ。

 命を平気で捨てる人間とそれを見捨てる事の出来ない人間の両極端な人間が存在する事に腹がたちますよね。
 確かに動物達を保護するのはとても大変です。
保護したらしたで辛い事もたくさんあるでしょうね。
セシリアさんは優しい人だからその分心が傷つき易いと思います。
しかし拾われた子猫にとっては最高の救いだと思います。

フェレの虐待動画を撮ってネットに掲載したソニーの社員。
多分るんるさんも覚えてらっしゃると思いますが、あの時も何処何処に捨てたという犯人のカキコミを知って、セシリアさんも必死に捜したんですよ。

何度も叩かれ悲鳴をあげてたあのマーグドホワイトのフェレさん、天国で幸せに暮らしてくれてたらいいですが。

本当に寒くなってきましたね。

虐待フェレット
テレビのニュースで鳴き声が流れたとき
どうしようもない怒りと悲しみで
犯人への憎悪が渦巻いて
とっさに耳をふさぎ、目を閉じた日を思い出します。
その後に流れ出る涙も止める事が出来なかったです。
その仔達の死を知って1輪の花を供えましたよ。

私の母の知り合いにも生まれたばかりの子猫を
箱に入れて海に流した…と聞いた事がありました。
私も何度か会った人ですが・・・
数年前に亡くなった その人は・・・
ろくな死に方をしなかったですよ。
粗暴な行いをし痴呆を患い、家族に嫌われ…
(天罰だ!)と思い、気の毒に とも思わなかったです。
今後も 今まで以上に無責任な人間が増えてしまうでしょう。私たちは…私たちに出来る事は何でしょう?

私が知っているフェレさんの中でラブちゃんは甘えっこNo.1の、それもダントツ^^
かるびぃもさっき、私のフリースの袖に入ろうとしてたけど
サイズが小さいから頭半分しか入れなくて、ずっと腕をホリホリしてましたよ^^

先週、実家に行ったら、猫がまた1っぴき増えてました。
もうこれ以上は・・・って言ってたのに、どうしてもほっては置けないみたい。
誰か優しい人が・・。って考えで命を捨てるんでしょうね><
心がみんな平等だったら、セシリアさんのような人ばっかりが痛みを背負い込むこともないのにね。

あの事件は忘れられませんね。

>レモンさん

 日に日に寒さが増して朝起きるのも億劫になります。

 虐待フェレットのニュースが流れるまでは、ネット上でフェレ仲間さん同士
連絡を取り合ってみんなで署名運動をしたんですよね。
それで警察も動き出した。

 あの執拗に叩かれ泣き叫ぶフェレさんの顔が今でも忘れられません。
例えは悪いかも知れませんが、あのフェレさんにとっては死ぬ事でしか自由を得られなかった。
あまりにも悲惨な事件でした。
犯人は十数匹ものフェレットを殺したんですよね。

 今はもうその子たちが成仏してる事を願うばかりです。

ラブは甘えっ子ダントツNo.1ですか?

>YU-TAさん

 やっぱりラブは甘えっこNo.1ですかね。
かるちゃんもYU-TAさんのフリースの袖に入りたいんですね。
でもサイズが小さくて身体毎入れないって訳ですね。
もうそれならゆったりのジャンパー着るしか無いですよ。
そしたら多分袖に潜って寝ますよ。

 明らかな捨て猫見かけたら普通は放っては置けないですよね。
保健所に持って行くのは職員とも顔を合わせなけりゃならないし、それより箱にでも入れて
公園にでも置いておけば誰かが拾ってくれるかもという考えなのかも知れません。
なんで先に親猫を避妊去勢しないんだろうか?

 『心がみんな平等だったら』なかなかいいたとえですね。、
確かにもしそうだとしたらセシリアさんのような人ばっかりが痛みを背負い込む事は無くなる。
でも人間同士でも平気で殺しあうのが人間という愚かな生き物ですからね。

 ライオンでも虎でも生きてゆく為とはいえまずは窒息させてから食べますもんね。
それも必要以上には狩らないし。
考えてみたら人間ほど残酷な生き物は居ないと思います。

僕も同じ様な記事を見ました。

セシリアさんの気持ちは痛い程良く分かり、本当にモラルかけた飼い主には憤りを感じますね。
でも、世の中にそんな人たちばかりでなくてセシリアさんや、僕のブログのサイドバーでこてんてんさんというタイトルのブログを綴っている方が見えますが、動物看護士の方で最近子猫ちゃんを保護して育てている方もいます。ちなみにその方のペットはみんな行き場のなくなった仔たちばかりなのです。
世の中、明暗がはっきり分かるなあ~と痛感します。

ところで、僕は最近ラブさんに夢中です!
セーブル飼いのこがっちですが、いつも甘ん坊さんで気になっていましたが、トンネルでは頑張って皆と遊んだりする姿が可愛いなあ~と感じていました。
最近、冷える様になり始まりましたね。

それから、例の件ですが相手の方の了解を得たので今日は資料不足ですので明日くらいに投稿しようと思います。また分からない事があったら教えて下さい。
相手の方もポン太さんだと知らないと思うので面白いです…同じFC2の方ですので♪

ちなみに資格試験ですがスケジュールがハード過ぎて、あまりに気の毒に感じています。
資格試験を受けるのに所長のバックアップがあるどころか、ポン太さんが所長の仕事をフォローしているのは毎日見てる読者なら知っています。

>こがっちさん

こてんてんさん優しい方なんですね。
実はルル姫ちゃんのお世話をしてるるんるさんも動物愛護の仕事をされている方で、ポン太が知っている中では柴犬を保護して無事里親を見つけ今は平和に暮らしているようです。

一方では捨て犬・捨て猫・捨てフェレが増加の一途を辿っています。
悲しい事ですよね。

さてこれからはラブの季節になります。
ポン太のジャンパーの袖の中で寝て、トンネル遊びをしてと毎日忙しくなります。
ポン太も肩凝りが出るようになっちゃいますけどねえ。

こがっちさんの記事が楽しみですが、律儀な性格のこがっちさんはいつもいろんな方へこまめにコメントされてるようですが、かなり深夜まで起きておられるようなのであまり無理をなさらないで下さいよ。

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。