スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のこちゃんと夜中また添い寝して!


2月10日(火)夜勤 再び眠れない悪夢のような看病!


昨日の自宅-病院ののこちゃん経過!

 のこちゃんはもうこれと言って追加で治療出来る状態ではありませんで、
夜中から日中ずうっと歯軋りしたり俯せで腹式呼吸をしてる状態でした。
それで夕方病院へ連れて行って
「実は怖くて強制排尿を明け方にして以来してないのです」と打ち明けたら、
先生が診療台の上に吸水マットを敷いて強制排尿をしてくれたのですが、
そしたら首をダラーって感じの仮死手前の状態になってしまいました。
暫く様子を見て正気には戻ったのですが、それだけリンパ腫の腫れが
内蔵に負担をかけているとの事でした。
かえって強制排尿はのこちゃんに負担になるようだと。
そして長く観ても今月いっぱいも厳しいかなあとの話でした。

 ポン太が日中連れて行こうとした時はもう楽にしてやろうと
いうような容態が散見されていて、その相談にも伺おうとして
いたのです。
ところが車に乗せて病院に着いてから出そうと覗くと、
気丈にもひょいっとポン太を見上げたのでした。
一瞬でもそんな意識のしっかりしたのこちゃんを見たら、
とてもそんな決断は出来ません。

 結局先生と話し合って、苦しみを出来るだけ排除する手立てとして、
今夜から五日間沈痛鎮静剤を投与する事になりました。
ポン太は苦しまずに逝ってくれるなら呼吸抑制の逆の効果もある沈痛鎮静剤
のリスクも仕方ないと思いましたが、勿論そのリスクを排除する程度の投薬量です。

 先生の考えは、決して治る事の無い病で苦しんでいるペットに対しては、
安らかな逝き方が出来るような生かし方を優先してあげるでした。
ポン太もその考え方には賛成です。

 そして今回は尊厳死の処置では無く、意識がしっかりしている以上は
一歩控えめな沈痛鎮静剤の投与で様子を見ます。
でも尊厳死を決断してやらなければならない時がやって来るかも知れません。
出来ればそんな決断は避けたいですが、今の正直なポン太の心境は、
無理して苦しみながらも長生きはして欲しく無い。
安らかに逝けるなら今日でも明日でもいい。そういう考えです。 

決して治る事の無い病で苦しんでいるペットを、無益な痛みから解放もせずに
頑張らせるというのはポン太にはとても出来ません。

 以前にこの事で記事として掲載した記憶があるのですが、
ポン太がギランバレー症候群という病で倒れ長い闘病生活を
していた頃に、カナダのケベック州で24歳の女性が同じ病気で
眼球以外全てが麻痺して動かず、呼吸も人工呼吸器でしていて
治る見込みがほぼ無くなり、何年も入院していたのですが、
「人工呼吸器の音を聞きながら何一つ身体が反応しない状態で
生き続けるのはあまりにも辛く、どうか死なせて欲しい」と訴えを
起こしたのです。
勿論カナダではそうしたケースでの尊厳死が認められていなかった
のですが、初めて彼女にはそれが認められて人工呼吸器は外されました。

 ギランバレー症候群は再発性は無いと言いますし、今でもはっきりした
原因は判っていませんが、比較的予後は軽い場合が多い末梢神経障害の
病なんです。しかし女優の大原麗子さんは北海道のロケ中にこの病で倒れ、
一度は治ったのですが、最近また再発をして芸能活動が出来ない状況です。

 ポン太の場合は重症で、四肢だけでなく呼吸筋まで麻痺してしまい、
尊厳死した女性と同じように気管切開をして人工呼吸器をつけていました。
その当時の辛さがあるので、ポン太にはのこちゃんの辛さがどれ程か
それこそ痛いほど判るのです。
自然を駆け巡る動物とは違い、ペットは人間と一緒に暮らしています。
そして話す事は出来ませんので、仮にペットがそういう状況になった時は、
少なくとも決断は飼い主が背負う形ですべきだと思っています。



今日ののこちゃん!

 今日も深夜からとても辛そうなのこちゃんと添い寝でした。
先生から処方して頂いた薬ものこちゃんを楽にする手助けには
なっていないようで、首から上をポン太の右腕に乗せながら、
時折腕の上で横向きになったりうつ伏せになったりして苦しそう。

 そんな束の間にポン太は夢を観たのでした。

 水の一杯入った濯ぎ中の洗濯層の中で何匹ものフェレさんが
渦の中に漂っています。
そこにポン太は誤ってのこちゃんを落としてしまいました。
のこちゃんは渦に揉まれて下へ引き摺り込まれます。
慌てて掻き分け拾い上げると、それがジャスミンだったり
ポン太JRだったり、マイキーJRだったり、マロンやラブだったり
するのです。

 「違う、違う、のこちゃんは何処?」と必死に探します。
そして漸く掴み上げたのこちゃんは瀕死の状態です。
のこちゃんを仰向けに寝かせると、のこちゃんの両目が突然
青白く光り、前足を思いっきりポン太の鼻先までピーンと伸ばして
そして掻き毟るようにしたかと思うと、いきなり伸びた手がダラーンと
床に落ち、のこちゃん、のこちゃん・・・・・



 ハッとして目を開けた時、のこちゃんはポン太が横向きに寝る顔と
右腕の間で腕に顎を乗せ辛そうに寝息を立てていました。
「ああ、夢だったのか。でも嫌な夢を観てしまった」
夢は夢主の深層心理を語ると言いますが、いったいポン太の心の
奥底では何事が起こっているのでしょう?
とても不吉な夢に起き上がってから吐き気がしました。

 夕方からこんな容態ののこちゃんを再び車に乗せ出勤です。
午前8時前、再び添い寝しながら今はもう頑張れでは無くて、
天国のポンちゃんとのんちゃんに向かって、
「ポンちゃんのんちゃんお願いだから早くのこちゃんをそちらに
連れて行ってあげて!」そう懇願している自分が居るのです。

 出勤したらそうそうのこちゃんの車内病棟を覗き込む事は
出来ません。何と不憫な子でしょうか。のこちゃんごめんよ!

20090210224235


 今22時45分。抹茶かたくりを飲みながら深夜に寝袋とタオルの洗濯です。

 可哀相な環境下でのこちゃんはひとり必死に頑張ってくれていました。
ポン太が覗き込むと淋しかったよという表情を見せ、行かないでを表現します。
仮眠室のベットで一緒に寝てあげたいのですが、前の会社のような訳にはいきません。
こんな夜中にキッチンのお湯でウンP塗れののこちゃんの下半身をそっと洗いました。
その時驚いた事にのこちゃんは自分の力で勢いよくオシッコをしました。
「のこちゃん、自分でオシッコ出来たね。偉い偉い」思わず泣けてきました。
 また明日の朝、肩で息をしながらもまたひょいっと顔を覗かせてくれるだろうか?



今日何食べた?

朝飯:抜き

昼飯:(自宅で)シュウマイ、冷凍バナナ

昼飯0210

夕飯:(職場で)野菜中華丼、水菜の味噌汁、天然水

20090210192007


 最近はレトルトも種類が多く便利になりました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポン太さんも、お辛い経験をなさっているんですね・・・。
のこちゃん・・・、よくなったり悪化したり、なかなかどこで判断したものか難しいですが、お医者さんも的確な判断をしてくださっているのが分かります。尊厳死は、いよいよという時までとっておくべきものですものね・・・。
こんな状態ののこちゃんを連れてでも、出勤しなければならないポン太さんの状況が、不憫です・・・。

夢については、ポン太さんがそれだけ、のこちゃんのことを心配しているということなのではないでしょうか。それほど深い意味はないと、私は思いますし、気になさらないでいいと思いますよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨年、昨日、今日の動画を何度も観ていました。

去年の2月12日も、のこちゃんは病気と闘っていましたね。
口には出さなかったですが…
私はあの時の、のこちゃんを今でも鮮明に覚えています。
ミラクルを起こしましたよね。
気丈なのこちゃん…
苦しんでいる、のこちゃんも辛いですが…
ポン太さんは、いっぱいいっぱい心身ともに苦しんで…
お辛いと思います。
のこちゃんのパパさん…
ポン太さんの判断は、間違ってないと思いたいです。
ポン太さんの身体も心配になってきました。
食欲なくても食べないといけませんよ。
体力温存して頑張って欲しいです。
私に出来る事は祈る事しか出来ません。
昨日からずーっと、のこちゃんの事ばかり考えていました。
最も良い道がつきますようにと願っています。





強制排尿も、人間のようにカテーテルで出来ればいいのですけどね
なにぶん細いから無理ですもんね

本当にこんな状態では何も言えない、手助けも出来ないというのが辛いですね

ポン太さんが起きている時に不安に思っていることが夢にも出ただけでしょう
なので気にせずにいて下さいね

一番辛いのはのこちゃんですもんね。

>kurimomoさん

深夜23時の時点では、のこちゃん何とか頑張ってくれていましたが、夜中から明日の朝にかけてはひとりぼっちで病と闘わなければなりません。
それが心配ですし不憫です。

夢はまるで悪夢のようで怖かったです。
5フェレさんをそっちのけでのこちゃんを助け出し、結局は6フェレ全てを失ってしまうような嫌な夢でした。
これが逆夢の暗示であれば良いのですが、ポン太の深層心理が表面化したのなら恐ろしい夢です。

辛い場面の日記ばかりで申し訳ありません。

>非公開の方々へ

明るい話題を掲載出来ないのが情けないですが、皆さんご心配おかけします。
そして暖かいご声援とお祈りを有り難うございます。
その力を受けてのこちゃんも頑張っているんだと思います。
のこちゃんには一日も早く安らかな日が来て欲しいと思います。

昨年も病気と闘っていたんですよね!

>スジャスジャータさん

ミラクルのこちゃんはひとりぼっちで今も必死に車中病棟で頑張っています。
気丈なのこちゃんには頭が下がります。

 まるでポン太に生きる事の大変さと大切さを教えるかのようです。

ポン太の苦労など吹き飛ばしてしまいそうな壮絶な頑張りようです。

 ポン太もここで倒れる訳にはいきません。頑張ります!
スジャスジャータさんの祈りもポン太やのこちゃんのパワーになっています。
本当に有り難うございます!

でも、今回のムービーではちゃんと自分から食べているからまだまだ大丈夫でしょうね

元気な子はほったらかしでも大丈夫ですからね
だから、元気な子はほっといて、のこちゃんだけを見たかったのでしょう

洗濯機の夢は、新居に行くにあたり、みんなを洗わないと・・・
でも、時間がないからまとめて洗っちゃえ~
と、言う事で洗濯機で一斉洗いだったのでしょう
のこちゃんは見ていて楽しそうだから、私も~と、入りたかったのでしょう

また仕事明けから色々とすることがあって大変でしょうが、きちんと食事は取って下さいね

今日のこちゃんが自分からオシッコをしました!

>こめすけさん

ご心配有り難うございます!
 強制排尿を躊躇していたポン太でしたが、今回自力で勢いよく出してくれた時は本当に嬉しかったです。

 動物の心の声を聞く事の出来るハイジさんが羨ましいです。
こんな時、のこちゃんの本心を知る事が出来たらどれだけいいか。

 今回の夢が単にポン太の不安から見た夢なら良いですが、あまりにもリアルだったので今でも頭の隅に残像として残ってしまっています。

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。