スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H5N1型鳥インフルエンザの脅威が迫っている!


1月21日(水)夜勤


コラムニストポン太

 今日のお題は『H5N1型鳥インフルエンザの脅威が迫っている!』です。
映画でも爆発感染の映画が放映されていますが、これは絵空事では無い。

『感染列島』

 実際にお隣中国では鳥インフルエンザによって死亡者が多発していて、
現在も有効なワクチンは存在しない状況である。
タミフルなども有効とされているが、実際にはあまり効果は出ていない。

 歴史的に見ても1918年から翌19年にかけ、全世界的に流行した
インフルエンザのバンデミック(=スペイン風邪)は感染者6億人、
死者はなんと5000万人だった。

 この大流行により多くの死者が出たので、第一次世界大戦終結が
早まったと言われているが、5000万人と言えば現在の日本人口の
半分である。当時は日本でも39万人が死亡している。

 また今年はインフルエンザにもタミフルが有効な香港型と
タミフル耐性のソ連型が猛威を振るっている。
ソ連型にはタミフルが効かない為、吸入式リレンザで対応
する事になるが、リレンザは何処の病院でも直ぐに処方出来る程
の絶対量がタミフル同様に無いのが現状なのだ。

 インフルエンザの中でも、最も有効な治療法やワクチンの無い
鳥インフルエンザの国内感染者の出現は既に秒読み段階に入っている
と言ってもいいかも知れません。
そして何よりも懸念されるのは、先進国の中ではウイルス感染への
組織的対応、法整備、ワクチンの備蓄量など一番遅れているのが
私たちの住む日本なんです。

 経済不況だの紛争だのある混沌とした時代にこうした
ウイルス感染が歴史的に見ても増大しているんです。
ポン太が想像する最も怖い年はずばり辰年の2012年です。
2012年は世界の終末が騒がれている年とも重なりますしね。



今日1日の出来事!

 昨日は一日中パソコンの画面と仕事でにらめっこしてたのと、
寝るのも午前3時になってしまったので休んだ気がしませんが
ゆっくりもしてられません。
今日からまた2日連続夜勤ですし、明けの翌朝は24時間勤務!
その翌日は明け・OFF・OFFですが、会社の健康診断もあるしね。

 そう言う訳で出勤前まで家中の掃除機がけをし、換気をして
キッチン収納の中を整理したり、フェレさんの2棟ある予備ゲージを
散水器で綺麗に洗い流したりと精力的に動きました。
毎度の事ですが、ポン太は出勤当日になってやたら張り切るんです。
まあ今回のOFFは一日中勤務表と格闘してましたから時間が無くて
仕方なかったんですが、暇なOFFでもOFFの日に掃除しないんだよね。
昔はそうじゃなかったのになあ。
さてとあと30分程でのこちゃんを車に積んで出勤です。


未公開のん&のこ動画!

 こうしてみると、お迎えした当初から『のん&のこ』は
いつでも行動を共にする仲の良い姉妹だった事が判ります。
優しくて毛並みの綺麗だったのん姉さんに先に旅立たれた時は
流石の気丈なのこちゃんもショックで激痩せしちゃったもんね。
ポン太もその時はホントにショックでした。









今日何食べたっけ?

朝飯:(自宅で)野菜ミックスサンド、スジャータ野菜ジュース
         とろーりクリームプリン

朝飯0121

 頭も疲れているので甘いプリンを追加しました。
サンドイッチの半額品もこれですべて完食となりました。

昼飯:(自宅で)白飯、ホッケ焼き、野沢菜漬け、お吸い物

20090121113204


 久々に家で御飯を用意しました。
ホッケという魚は皮が硬く厚いので焼き易いですね。 

夕飯:(職場で)白飯、豚トロカルビと野菜の和風照り焼き炒め、キムチ、味噌汁

20090121190442


 職場の洗濯場兼キッチンは、古くて綺麗ではありませんが何故か落ち着きます。
多分広いのとでかい窓があるからなんでしょうね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インフルエンザには予防接種は有効だけど、
かかってしまった場合には特効薬って無いですもんね・・・。
タミフルも発症から2日までに服用すると効果もあるみたいですけど。
ただ、ソ連A型にはタミフルもまったく効果が無いとか・・・・・・。
インフルエンザは本当に辛い。経験者は語る(苦笑)

年末年始大変な思いをしましたからね。

>ふみちゃん

 インフルエンザには予防接種は有効だけど、
かかってしまった場合には特効薬ガ無いのが困りますね。

 タミフルについては特効薬のようにやたらと処方して使用するのは日本だけだそうですよ。
原産国のアメリカや韓国でも滅多やたらには服用させない代物だそうです。
日本では若い子がタミフルの服用で、一見自殺にも思える飛び降り死など不可解な事故が多発してますしね。

 インフルエンザは香港型にはタミフルが有効のようですが、ソ連A型にはタミフルはまったく効かないから、吸入式治療薬のリレンザを使用しなければならないし、とにかくインフルエンザは怖いですよ。
インフルエンザは本当に辛い。経験者は語る(苦笑)

ご無沙汰しています^^;

随分とご無沙汰してしまってすいませんm(__)m
うんうん。本当にインフルエンザは怖いです( ̄▽ ̄;)あれだけの高熱を出し続ける病気…ご老人やお子さんだったら本当に大変だと思います。
また、その高熱をあっという間に下げてしまうタミフルの存在。確かに効果は凄いけれど、あの高熱を下げてしまうのは少し怖い気もしました。
でもインフルエンザっていつからあるんでしょうか(・・?母とも話していたのですが、ここ最近は冬になるとインフルエンザの話題になりますが、私の子供の頃にはあまり聞かなかったように思います。私が知らなかっただけなのかな(T▽T)

香港型だったんですか?大変でしたね。

>wiesel さん

 こちらこそご無沙汰しています。

 ポン太はまだかかった記憶が過去にも無いのですが、本当にインフルエンザは怖いですね。
高熱を出し続ける事が特にその怖さを物語っていますよ。ご老人やお子さんたちは抵抗力が低いですからより危険度が高いですしね。

 高熱をあっという間に下げてしまうタミフルは、あのブッシュ大統領時代の国防長官だったラムズフェルドが強引に認可させた薬ですからね。
充分な臨床的検証はされていない代物です。
効果は凄くても、飛び降りなどの事故は日本だけでなく海外でもありますから、やはりタミフルとの何らかの因果関係はあると思いますよ。

 インフルエンザウイルスは人類が地球上に誕生する以前から存在していたもので、遺伝子レベルの進化というやつは凄まじいものがあります。
もともとは鳥類に感染している事が多くて、鳥類は然程影響を受けなくても、哺乳類にまずは感染して変異してから人間に感染するという厄介なウイルスですね。

 それが最近発現したH5N1型鳥インフルエンザは、鳥類の生命をも抹殺してしまう程の強力なもので、特に人間に感染する為の中間媒体の豚などを一緒に飼育している中国で発祥したのはこの為です。
一説にはバイオテクノロジーが生み出した軍事兵器だった可能性もあるとさえ言われています。

 ラムズフェルドが国防長官である以前に、軍産複合体企業と深い関わりがあった事から、タミフルはバイオテロの予防薬として、同時に開発された代物かも知れません。あくまでも推測の域を出ませんけどね。

私も鳥インフルエンザに少なからず恐怖を感じています。
普通の(?)インフルエンザも油断できませんが…

特効薬であるタミフルの副作用ではないかといわれる異常行動ですが
12歳以上の男の子を母親が力で押さえつけられるわけありません。
そう考えるとインフルエンザはとても怖いです。

インフルエンザはフェレにも感染しますし
今年は息子が受験生ということもあり
予防接種もしましたし、うがい・手洗い・人混みを避けるなど、気をつけています。

『のんちゃん&のこちゃん』
本当に美人姉妹ですね。
とても柔らかそうで綺麗な毛並みです♪
のんちゃんと一緒ののこちゃんの表情は
とても穏やかにみえます。



>るんるさん

 隣国の中国で猛威を振るった鳥インフルエンザも東南アジアにも飛び火していますし、中国が経済発展をしたお陰で、中国国内の人の移動も激しい事に加え、海外の企業が進出していて、各国の社員が自国と中国を飛行機で往来してますからね。

 一旦自国に感染した菌が持ち込まれたら世界中に飛び火しますし、もうこれは時間の問題だと思います。

 タミフルによる異常行動はやはり何かの副作用があるんだと考えた方が自然です。
子供にタミフルを投与した場合は、保護者が目を離さないようになんておふれを出しましたが、確かに12歳以上の男の子だったら、父親でも抑えられるか疑問です。
しかもこんなに容易くタミフルを投与しているのは日本だけだと言いますしね。危機感ゼロですよ。
また反する話ですが備蓄量も思いっきり少ない。
日本政府に最も危機感が欠落してるんだと思います。それと少ない備蓄量には使用に優先順位があって、医師は勿論ですが、高級官僚や政治家がその優先使用の対象になっているんですからね。

 インフルエンザはフェレにも感染しますよね。
るんるさんは受験時期の息子さんを抱えていて大変ですね。
予防接種やうがいや手洗いは必須ですよね。

『のん&のこ』 は本当にいつもべったりの姉妹でしたね。 のんちゃんは綺麗な毛並みが自慢の子でしたが決して美フェレ顔ではなくて、むしろひょうきん顔でしたよ。ポン太にはそれがまた可愛いかったんですけどね。
のんちゃんと一緒に居た頃ののこちゃんの表情は
確かに穏やかでした。
でも切れると怖かったですけどね。
こうして見ると今の足の不自由なのこちゃんは不憫ですね。でも長生きして欲しいなあ。

何度もスミマセン

Flip Clipの件ですが、
我が家はアドレスを1つしか持っていませんが、IDとパスワードを別のものにすれば
何度でも登録出来ますよ♪
ちなみに私は3回登録して、300MBまでOK(^_^)v

知らなかった!

>ふみちゃん

Flip Clipの件有り難うございました。以前他のサイトでIDとパスワードだけ変更して使っていたら暫くは使えたのですが、同一使用者と認識されて繋がらなくなった事があったので、別のメールアドレスでないと駄目かと思っていました。
ポン太もその手を使ってみたいと思います。
確かに言われてみれば、メールアドレスがひとつの家庭でも、パパ・ママ・息子・娘と別のカテゴリーで使用する事だってありますもんね。

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。