スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで軽井沢のような


 『悲しみに出会った時、最初に貴方は何をする?』
 とても重い問い掛けかも知れませんが、
 この世に生きていたらそんな事はいくらでもある。
 今のポン太は、そんな時にこそ愛フェレを抱き上げ、
 きっと何を言ってるのか判らないだろうけど、
 一生懸命に話しかけて彼女たちから慰めを請う。
 自分という人間がとても弱く、脆いと判っているから
 飼い主でありながら、彼女たちに頼っているのに違いない。

 仕事を終え帰宅して、いつものようにフェレさんたちを放牧し、
 彼女達の行動の一部始終をただただじっと眺めている時がある。
 水を飲み、餌を物陰に運びこっそり食べ、お互いにじゃれ合い、
 眠たくなったらフェレマンションに戻って、好き勝手に眠る。
 いったい彼女達の思考回路はどうなっているんだろうか?
 ポン太はそれでも、この不可解極まりない生き物たちと
 何故か同じひとつ屋根の下で、いっしょに暮らしている。


◎7月09日(月)の食事

 保有株はストップ安にはならないものの、一段低いレベルに下がる。
この銘柄にあと何年苦しめられるのだろうか?
株主無視の経営をするような企業の銘柄には、投資したらいけませんね。
 
朝飯:激辛ポークカレー、天然水

朝飯0709

 今日の株式市場の寄りで、恐らくはストップ安を覚悟せねばならない
保有株の動向が気になりながらの、身に染みる辛さでした。

♪今日の愛フェレさんたち

FLBメーカーの動画はやはり難点があるので削除です。
F-CLIPのように一度登録しても後から修正出来る機能が
FLBメーカーの動画には無いのです。
自動再生を選択して登録したら、次々にブログを更新しても
いつまでも再生し続けてしまいます。画像だけならいいのですが
音声が邪魔してしまうんですよね。

昼飯:ゴマダレざるラーメン

昼飯0709

 おさみしい限りですが、食べるモンがないなあ。
食欲もありませんが・・・・。

夕飯:(弁当)白飯、豚トロ野菜炒め、キュウイ入り玉子焼き、辛し茄子、もずく酢

弁当0709

 最近買い出しに行っていない為、冷蔵庫内はあまり在庫がありません。
いつも変わらずの中身ですが・・・・。


◎7月10日(火)の食事

 昨晩から畳部屋の仮眠室で寝たポン太ですが、
やはり自宅と違ってなかなか寝付けませんでした。
朝5時に起き外に出てみると、まるで昔夏休みを過ごした
あの軽井沢の親戚の別荘で迎えた朝のように肌寒い朝でした。
 
朝飯:もやし入り台湾ラーメン、天然水

20070710054703

 朝飯にしてはちょっと重たいかもです。

♪今日の愛フェレさんたち

今朝の愛フェレたち0710


昼飯:(車内で)サンドイッチ、鳥の唐揚げ串、りんごジュース

20070710112503

 のこちゃんの膀胱炎が再発したので、また薬を貰いに行きました。
その帰りにセブンイレブンのパーキングで昼食を取りました。

飲酒:豚足、焼酎

飲酒0710


 夕飯の代わりに、夜は焼酎で一杯でした。
フェレさんたちは相変わらず元気だけど、のこさんに薬飲ませないと。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何かに話したいですね

義姉の死去に接した時もそうだった気がします。
一人になった時に、あの潤んだ目で見上げてるフェレを抱きかかえて、話してる自分がいました。

仕事で辛いことがあったときに、思わず愚痴を聞いてもらってます。

岡野@神戸さん

 悲しいなあと思ったときに、フェレさんを思わず抱きかかえてしまう。そして癒して貰う。
人間だと言葉で相手に伝えなければならない。
時にはその言葉が邪魔する時もありますもんね。
フェレさまのオーラに癒して貰うのが一番良いかも知れない。そう思うときが多々あります。
仕事で辛い事があった時もそうですよね。

 最近思う事ですが、職場の人間関係って、昔はお互いの趣味や考え方などに興味を持ち、それが付き合いの面で役立っていたような気がします。
ポン太の今の職場の人間関係は、そういうのが殆どないですね。自分の事で精一杯な気がします。
人間関係は昔に比べたら、はるかに冷めたものになってますね。

いつも歯を食いしばって涙をこらえてる気がします^^;
ここんとこ…実母と義父を見送ってますが、悲しくてしょうがないんですが、このトシにもなると、泣くより先に「ちゃんとお礼を言わねば…」とか「連絡せねば…」とかの義務感ばっかりで…。

難しい質問ですねぇ~。

たぶんまだ本当に悲しい出来事にであったことがないのか、あるいは思いっきりにぶいのかもしれません。
小さな悲しい出来事はたくさんありましたが。

でもやっぱり私はクリスチャンなので、祈るかな。

「布団かぶって泣く」かな。
涙は見られたくないですー。
とくに子供やフェレには(^^)
愚痴はね、メール作成開いて
いっぱい書くだけ書き込んでスッキリしたら削除!
これなかなかいいですよ~♪

もぐたんさん

『ちゃんと御礼を言う』ですか。悲しんでばかりもいられませんからね。大切な事ですよね。

まっとさん

『祈る』それもありますね。ポン太は家系が日蓮宗なので『ナムミョウホウレンゲキョウ』になってしまいますが。
因みにフェレズをお見送りした時も『ナムミョウホウレンゲキョウ』を何回も唱えました。

YU-TAさん

YU-TAさんはかなり我慢強い方ですね。
ポン太も人前では堪える方ですが、独り身である事から、その場は何とか我慢しても、後で家でおもいっきりが二回ありましたね。
のんちゃんが病院で亡くなった時と、ポンちゃんを亡くした時です。

悲しみに出会った時・・・

私はフェレ3匹を看取り、母の死も体験してますから・・・。
そうですね・・・その時の事を思い出しても、やはり一番最初に口にした言葉は、
『感謝の気持ち』と、『労いの言葉』だったと思います。
そして、泣いた後には必ず笑顔を見せる様に努力しました。
この世を去る者にとっては何よりも心配なのは
この世に残していく者の事・・・。
泣いていては心配させてしまうし、心がこの世に縛られて成仏出来ないんです。
もし私が大切な者達を置いて、この世を去る側だったとしたら、
やっぱり大切な人達には笑顔でいて欲しいです。
私の事で悲しんで辛い日々を過ごして欲しいとは思いません。
だから、笑顔で見送る様にしています。
多分、母も天国で同じ気持ちでいると思うので。
血の繋がった娘だから・・・母の意志を継いだ娘だから、母の気持ちは分かるんです。

ふみちゃん

ふみちゃんも、亡くなられたお母さんの意志をしっかりと受け継いでいますね。
きっと無意識のうちにも、子供の時から母親の後姿を見ては刻み込まれて来たんだなあと思います。背中で教えるって、とても難しい事なんだと思います。

なんかじわりときた文面ですね

つらいことあると、信じないで拒否して、何度も何度も事実を見て、泣いて泣いて泣き続けて、諦め受け入れて歩き始めました。
その体験のおかげでとても穏やかな気持ちになれたと感じてます。わたしは...

本当に悲しい時はなすすべがないよね。
ひたすら時間が過ぎるのを待つだけかな。。。
フェレットは本当に生を満喫してて
シンプルで良いなあ、といつも
羨ましく思ってます。

mimiさん

涙が枯れるまでとことん泣いてというのも、全てを洗い流す意味でも、立ち直るきっかけ作りにも良いですね。
mimiさんはそうして乗り切って来たんですね。

ていていさん

フェレたちを見てると、悩み事なんか微塵もないって感じですよね。
でも一度だけ死んでしまったポンちゃんが赤ちゃんの頃、おもいっきり噛まれて、フェレを飼い始めた頃だったので、ポン太が目茶苦茶怒った事があったんですが、目を細め、尻尾を小刻みに左右に振って悲しそうな顔した時は、ほんとに可哀相になっちゃいましたね。フェレさんの悲しそうな顔を見たのは、その時が最初で最後でしたかね。

私もそうです。
悲しいことがあった時は小次郎を抱っこしてましたね。(サリーは我が家に来て間もないのでその間に悲しいことがなかったので)

彼らの飼い主!ってより、彼らにどれだけ助けられてるのか・・・計り知れないです。

向日葵さん

フェレさんは決して飼い主を癒す為だけに、やって来た訳ではないと思いますが、むしろ飼い主の方がフェレさまに甘えてしまいますよね。
いつも邪気の無い、綺麗な心で悪戯をする。
そしてどんなに辛くても、まさに死の直前まで一生懸命に生きようとする。フェレたちからは教えられるばかりです。

たぶん、近い将来起こる出来事で一番悲しいのはピースが旅立ってしまうときでしょうね。

ピースと約束していることは、

「先に旅立った方があとに残ったものが旅立つとき、必ず迎えに来ること」

それと、
「お互い最期の日は気持ちよく送り出すこと」

また合える日を楽しみにして、悲しみにくれないことが、最初にすることですね。

mixのポン太さん

それは大切な事ですよね。ポン太も当初は、そう心に決めていたんですが、実際に逝かれてしまうと暫くはなかなか立ち直れませんでした。
現にいまだ『のんちゃん&ポンちゃん』の事を思い出すとジワリとした悲しみに心が支配される時があります。ただそのまま引きずらないように心掛けてはいますが。
そうしてると、今居るフェレさんたちまで元気が無くなってしまいますもんね。つい最近まではポン太もクヨクヨしてましたが、いけませんよね。
皆さんに叱咤激励されて目が覚めました。

いつかお互いに旅立った時には、犀の河原でちゃんと出迎えて欲しいですね。

まだ本当の悲しみに出会ったことがないのかもしれません。
それとも、ものすごく冷たい人間なのか・・・。
祖母が亡くなった時も、祖父が亡くなった時も、泣きませんでした。
遠いところに住んでいる人としか認識できなかったのかもしれません。
飼っているネコとハムスターが亡くなった時は、3日ぐらい号泣してました。

悲しいときは、誰にも頼りません。
というか、頼れません。
誰にも、涙はみせられません。
ひとりで時間をかけて、悲しみを癒すでしょう。

ぽんたもえさん

人によっては、悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのかも知れませんし、逆に泣くから悲しいのではなく、悲しいから泣くのかも知れません。

ただ涙はむやみに他人に見せるものではなく、自分自身の心を浄化、ないしはリセットして、新たな心で再出発する為のものかも知れませんね。
人それぞれで結論は無いかも知れないですね。

・・・。

今現在、その実感ありありなもんで、読ませて頂きながらウルウルしてしまいました。

sei☆はいつも思い切り声に出してワンワン泣いてるような気がします。だって、我慢してたら胸が詰まって、胃が痛くなるんです・・・。

あと、信頼してる友達に泣いて電話しちゃったりもします(汗)

・・・それ以外はいつまでもウジウジしちゃうんで、sei☆なりの早く立ち直る方法なんですね、きっと。

私は今年メニエルになって、睡眠障害になってみんざいのみはじめたり・・・
 仕事のストレスでかなりつらいけど、やっぱりねねがいてよかったって思います♪

誰かに対する悲しみは楽しかった思い出で
打ち消します(^_^)

昔あまりの急な友達の死を受け入れる事が
出来なくてその友達が亡くなったという記憶が
なくなった事があるんです・・・でもツライ事を
忘れるクセをつけちゃいけないって思って…
最後を受け入れないという事はそれまでの全部
をなかった事にしてしまうようでもっと悲しいので
頑張って受け入れてます。

sei☆さん

sei☆さんは最愛のニャンさまを亡くされ、間もなくやはり最愛のフェレさまも2ニョロ立て続けに亡くされ、その悲しみは想像を絶するものだったに違いありません。それを我慢してたら気が狂ってしまいますよ。
皆さんの前では気丈に振る舞っていたようにポン太には思えました。
だからこそ尚更、新にやってきたニャンさまには、救われ癒されている事と思います。虹の橋を渡った子たちもそれを見て、きっと安心してるだろうと思いますよ。

せるさん

ポン太の母もメニエルにかかった事がありますが、あれは辛いですよね。寝てても天井がクルクル廻ってしまったり。
ネネさまがいつも側に居てくれるのは心強いですよね。ネネさまも役に立てて喜んでるはずですよ。頑張ってね。必ず良くなるよ!

Ma-Ruさん

ポン太もMa-Ruさんと同じように、親友を事故で亡くして、病気でも亡くして、もう何人あちらの世界に逝ってしまったろうか?
これも最も大きな悲しみのひとつですよね。
そんな時ポン太は「きっと彼は、もうこの世で修業をする事が無くなったので、もっと高い次元へと引き上げられて行ったんだろう。自分も頑張って修業せねば」と自身に言い聞かせて来ました。
でも辛いと直ぐに愚痴が出てしまいますけどね。

悲しいことがあったとき。
私はお家の大掃除を始めます。
一番辛かったり悲しかったりする時って涙もでない。言葉にもならない。
人って、そんなに器用には出来てないんじゃないかな。。。。
なんて思います。

souさん

そうだね。悲しすぎちゃうと何かしないではいられなくなるかもね。ポン太は多分無気力になってしまいますかね。

はなが亡くなった時が一番悲しい出来事でした。
泣くことによって感情を吐き出し続けて、
はなへの想いを書き綴りました。
落ち着いた頃に何かに没頭するようになりました。
心配させるといけないと思い、
ふぇれずの前では泣かないようにしていましたが、
気持ちは伝わってしまっていた気がします。
やはりわが子は大きな癒しになりますよね。

piroさん

 全てを吐き出し洗い流す為には、泣くことも必要ですよね。そして心の片隅にはあるのだけれども普段は忘れている、そんな状態が良いのかも知れません。ふと何かの拍子に思い出す。
それでいいのかも知れません。
フェレたちはそういう飼い主の心の状態を察知する天才ですよね。動物全てに言える事かもしれませんが。

こんにちは♪

悲しみに出会った時・・・一番悲しかったのは母親が他界した時でした。まだ、小学生だったのでどんな事をして気持ちを紛らわせていたのか覚えてないのですが、今、悲しみに出会ったら・・・やっぱりサスケを抱きしめるんだろうなと思います。

エリンコさん

 エリンコさんはそんなに小さい時にお母さんを亡くされたのですか。それは辛かったでしょうねえ。
これから母親とたくさん語り合って、楽しい思い出もいっぱい出来てゆく歳頃ですもんねえ。

 ポン太も辛いときは、やはり無邪気に部屋を駈けずり回る愛フェレさんたちを抱きしめてしまいますねえ。でものんちゃんとポンちゃんが逝って悲しかった頃は、フェレさんたちの方から近寄ってきて心配してくれました。

\(=^‥^)/'`*:;,。☆

悲しいときは、悲しいかな。
楽しかった思い出を思い出しても
悲しいからね。

フェレも猫もわんこも
ヒーリングと
心の洗濯ですね。

クンもやっと家に帰れて、ほっとしてます。
帰った早々、バトルしようとしてたのを
慌てて止めました(-"-;A ...アセアセ
今は凛を遊牧したまま、
ケージでひとり疲れて寝てます。


歩夢さん

 ペットは確かにヒーリングの効果抜群ですね。

クンちゃん良かったよね。
退院していきなりバトルとはねえ。
歩夢さんにとっては嬉しい悲鳴ですなあ。アハハ
凛も喜んでるだろうなあ、きっと。

トラックバック

http://fereponta.blog83.fc2.com/tb.php/155-2641ef58

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。