スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日暑い日が続きますが


8月06日(金)OFF 今日もまたまたパソコンに張り付いてだね。

 パイオニア精神旺盛なフェレたち!



 今日のポン太と4フェレたち!

 昨日一昨日とほとんどパソコンに張り付いてたポン太でした。
そして知らぬ間にチェアにもたれて寝てしまってたりもしました。
放牧したフェレさんたちにお構いなしだったのでちょっと可哀想だったけど、
しょうがないねえ。

 そして色々とパソコンで作業をしていたので阪神と巨人の第三ラウンドは
久保の先発で2回に5点を取られたところで観るのを止めました。
もうあれで勝負ありと思ったからでした(それで良かったのかも)



 
 ここからは野球の話なので興味の無い方は読み飛ばして下さい!

 さて昨日の試合
先頭打者ラミレスへのインコース高目が死球となってこれは攻めた結果で
仕方ありませんが、次の阿部への配球は結果的に四球になりましたが、
実に解せない攻め方でホームランを打たれなかっただけ良かったという配球。

 そしてランナーが溜まったところで高橋由に9球目をホームラン。
内野ゴロを打たせて併殺に仕留めるという配球ではありませんでした。

 2ストライクと追い込んでいたのですがその後連投した3球のフォークを
高橋に見送られカウントを2-3まで持って行かれました。
城島は高橋が比較的早いカウントから打って来る打者と認識して早めに
勝負をして打ち取ろうと思っていたのでフォークを連投させたんです。

 しかし高橋はバットを振らなかった。
本来ならここで城島は考えなければなりません。
高橋は久保のフォークは捨てストレート1本に絞っていたんですね。

2-3ですから久保は全てストライクで勝負せねばなりませんでした。
そこからストレートを2球ファウルされますがホームランにならなかったのが不思議。

 城島はここで博打に出て8球目にまたフォークを選択します。
(ストライクからボールになるフォークなら多分空振りの三振)
だけど高橋が振らなかったらノーアウト満塁です。
勿論久保にはもはやそんな精神的余裕が無いからストライクゾーンにフォークが・・・

 本来ストライクゾーンからボールになってフォークは意味をなす球種ですが、
ストライクゾーンに投じたので高橋はそれもファウルします。
ホームランにならなくて良かったあと胸を撫で下ろすシーンでした。

 そして最後の9球目は真ん中低めのストレート、それをホームランされました。

 ストレートのボール球を上手くインサイドアウトサイドに散らした
リードが出来ず狭いストライクゾーンの中だけで勝負するのと、
必要以上に同じコースに同じ球を要求する城島のリードの限界です。
もちろん久保も良くなかったですが、その日の投手の調子の良し悪しを
判断して状況に合ったリードをするのが捕手の役目です。

 あれだけ打っていたマートンが後半戦に入ってからは2割5分台の打率で
阪神の得点力はかなり落ちて来ています。
その事を考えれば失点はなるべく少なくする配球を心がけボール球を振らせて
打たせて取るようなリードをしていかなければ取り返しがつかなくなる。
2回のこの攻防が全てでしたね。

 深夜になって結果を改めて見た時に気づいたのですが4回にも長野に
とどめの1発を喰らったところで城島はベンチに退いたんですね。
あの長野のホームランも同じようなシーンを何度見せられて来た事か。
(やっぱりこれも配球ミスからくるホームランでした)

 長野はインコースが苦手なのでバッターボックスではベースから
かなり離れた位置に立ちます。
ですからバットが届きにくいアウトコースへの配球が中心になります。
しかしながらより安全にアウトコースに投げさせ打ち取る為には
バッターに踏み込んで打たれないようにインコースにもあるよと
意識させるインコースへのボール球が必要です。

 ところが城島は最初からアウトコースにだけ3球配球して、
4球目をインコースに、これがストライクゾーンに入ってしまい、
ベースから離れて立っている長野にはど真ん中のストライクになって
ホームランを浴びたという訳です。

 ポン太の見立てはあくまでも結果論のタラレバではあるけれど、
一昨日の8-4で勝った試合だって9回に余計な2点を与えてますし、
流れはその時から既に巨人に傾いていたんだと思います。

 その後は若い清水とベテラン安藤のバッテリーで2回を0に押さえ、
流石に次の若竹と藤原で3点を謙譲して1-9と大敗でしたが、
経験不足は否めないものの清水のリードはオーソドックスで城島の
リードよりも遥かに意図を持った配球だったと思います。

 お手本になるような捕手から色々と指導を受け経験を積んだら
良い捕手になると思いました。

 これから6連戦をいくつもこなしての長期ロードの阪神タイガース。
甲子園に戻って来る頃にはいったいどうなっているのでしょうか?
今日からはどうしても勝てないナゴヤドームでの中日との3連戦!




 さて一日も早くこの面倒な案件から抜け出したいと思うポン太です。
3連休最終日の今日は何処まで進展するか判りませんが頑張るのみです。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

暑いですね!

こんにちは(^^;;
外は、めちゃくちゃ暑いです
毎回、同じコメントになりますが…
暑い中、頭の使う作業、ご苦労様です

フェレさん達各々が、くつろげる場所を自由に開拓して可愛いですね

ポン太さんのご意見☆ごもっとも☆
阪神タイガースの選手達に、ブログみて貰いたいものです
野球については…
賛否両論あると思いますが…
私は勝手に、このように思っています
なぜ、城島が六回で引っ込んだのか?

1、残り約50試合を勝ち抜く為に少しでも体を休める

2、昨夜の試合☆前半、失点が多いのは捕手のミス
ペナルティとして引っ込めと言われた

3、そして城島捕手本人の問題…
ケガとか…
日米の違いとか…

まあ、素人の意見ですけど‥
見方は様々だと思います。
あまり期待しない方が、腹も立ちません
原辰徳
それよりは、もうちっと広島には頑張ってもらわなければ…
野球全体が面白くないです

Re: 暑いですね!

>スジャスジャータさん

 こんばんわです!
3日ぶりに買い物に出て外の暑さに驚きました。
ずうっと家に閉じ篭ってパソコンと睨めっこだったせいか胃が靠れるし疲れやすくなってます。
何のためのOFFだったのか家で仕事をしていたとはいえ過ごし方を工夫しないといけませんね。

 フェレさんたちは毎度放牧の度に新たな寛ぎ場所を開拓していってくれちゃうので、
探すのがだんだん難しくなって来ます。

 野球の事ですが、城島という選手はどちらかというと好きなんですが、あのリードだけは
どうしてもポン太には理解出来なくて・・・・。

 スジャスジャータさんが挙げた『なぜ、城島が六回で引っ込んだのか』に関しては、
1番の『残り約50試合を勝ち抜く為に少しでも体を休めさせる』が正解だと思います。
マリナーズ最後のシーズンではほとんど出番が無くてベンチを暖める事が多かったですから、
阪神タイガースに入団して開幕からいきなりフル出場でしたからね。
当然疲れが出る頃だとは思うんですよね。

2番の『昨夜の試合前半の失点は城島捕手のリードミス ペナルティとして引っ込めた』は
真弓監督ですからありませんね。
そういう厳しい采配をするのであれば矢野がまだ1軍に居た頃に交代させてますよ。

3番の城島捕手本人の問題(ケガなど)というのは多分これも無いですね。
怪我で出られなくなるのは最悪のパターンですからね。

 ダイエーホークスに居た頃の城島は確かに凄かったんですよ。
3割30本の強打者でしたし通算打率でも捕手としては最高の成績です。
ただ当時のダイエーホークスは小久保・松中・井口、それに城島と4人がホームラン30本以上の
強力打線でしたから多少相手に点を取られても勝てるチームでした。
今の巨人より凄かったんですからね。
それに工藤・武田・杉内・斉藤・和田と絶対的なエースも居ましたし、押さえも橋梁でした。

 でも今の阪神はそういうチームではありません。
30本以上はブラゼルだけで金本は故障してるし新井も昨年よりはホームランも少ない。
新加入のマートンだってホームラン打者ではないですからね。
あまり荒いリードをしてたら取り返せなくなります。

 それと他チームはドラゴンズ以外は明らかな戦力ダウンですからね。
資金力が無いからFA宣言されると優秀な選手たちは高年棒を出せる巨人にみんな行ってしまう。

巨人には
 ヤクルト:グライシンガー・ラミレス・藤井
 横  浜:クルーン
 広  島:木村拓也(故人)
阪神にも
 広  島:金本・新井

 これだけ主力選手を引き抜かれたらチーム力もガタ落ちになります。
阪神だって資金力はありましたしね。

 FA制度も見直さないと益々野球はつまらなくなりますよ。
その点パシフィックは面白いですね。
ヤクルトと状況が似てるのが楽天でしょうかねえ。

 特に資金力の無い広島は苦しいでしょうね。
野村新監督も毎日胃が痛いんじゃないですかね。
観てて気の毒です。 

No title

こんばんは(^^)

私も、ついつい放牧中のわさびを、(目の行き届く範囲でですが)放ったらかしにしてしまうこと、あります。
ペットちゃんと違って人間は次々と用事があるものですから。。。
そこのところを理解できないわさび閣下は、これみよがしにばったり床に倒れて動かなくなります。
わがままが通らないと、いつでもこうなんですよ(^^;)

ポン太さんちで言うと、ラブちゃんみたいな存在でしょうか。

Re: No title

>KURIMOMOさん

 こんばんわです。

 わさび君はわさびをばったり床に倒れて動かなくなる事でKURIMOMOさんに心配をかけ気を引こうと
してるんですかね。
だとしたらかなり賢いフェレさんですね。
確かにラブも わがままが通らないと悲しそうな目をして床に伏せってしまいます。
これがまた飼い主にとってはインパクトがあるんですよね。
それでついつい甘くしてしまう訳です。
まあ考えてみたらフェレさんたちの時間は私たち人間の10倍以上のスピードで過ぎて行くんですからね。
その辺りを考えてあげなければいけないんでしょうね。

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。