スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンちゃんが逝きました!!


 帰宅したらポンちゃんがフェレマンションの中で倒れてました。
大急ぎでのんちゃんがお世話になった病院に電話したのですが、
スタッフが居ないとの事で対応できないとの話。
仕方なく、家の近くの、やはりのんちゃんがお世話になった病院に
駆け込みました。
勿論本日の出勤はなんとかキャンセルしました。
昨晩家を出る時はあんなに元気だったのに!
 

◎5月04日(金)の食事

朝飯:抜き

 今帰宅しました。温度計で測れない程の低体温。
血糖値35で、急な下痢があった。
ブドウ糖と抗生物質の注射をし、
あまり動かしたくないので、ダンボールにヒーターごと借りて帰宅。
先生は出張診療で15時頃まで出かけるので、その間家に連れてきて、
今温めてます。シリンジでブドウ糖も与えていますが、危険な状態です。

ポンちゃん倒れるA


ブドウ糖




 ポンちゃん、14時30分!ポン太の看取る中で、虹の橋へと旅立ちました。最後は大きく海老反りになって、苦しかったと思います。
ごめんよ!ポンちゃん・・・・

昼飯&夕飯(何を食べたのか覚えてません)

 「ポンちゃん!悲しくてたまらんけど、ポンちゃんの妹たち、弟の
為に、とにかく食べるよ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンチャン 急に・・どうしちゃったの??
きっと大丈夫!!
ポン太さん ポンチャンの看病 宜しくお願いします!!

なんで急にv-356先生はまだですか!?
早く快復するように願ってます(>_<)

ぽんちゃん
低血糖でしょうか?
快復しますように。
元気になりますように。

何があったんですか???
そんな…突然…。

ポンちゃんのご冥福をお祈りいたします。

・・・

いきなりで、何といっていいのか・・・すみません・・・
ポンちゃんが天国でもいっぱい走り回って楽しく暮らせますように・・・
ご冥福をお祈りいたします。

なんで・・・急すぎるよ。。。
言葉にならない・・・
ポンちゃんのご冥福をお祈りします・・・

えー

突然すぎます
いったい何が起こったのでしょう
何か感染したのでしょうかね?

でも、そばに居てあげたのだから良かったのでしょうね
これが病院だったら、いつもそばに居るポン太さんが居ないところで不安でしょうからね
でも、もう空で走り回っている事でしょうね

ウイルス感染なら、ヤバいので部屋全部消毒がてら濡れ雑巾で掃除してくださいね(その方法がベストではないと思うけど・・)
自分もうつる危険ありますよ
辛い所ですが、気を付けてくださいね

あまりの突然の事で、なんとお声をおかけしてよいのか・・・
原因も分からずあっという間にポンちゃんが旅立ってしまい、ポン太さんの混乱と悲しみの大きさを思うと胸が詰まります。

ポンちゃん・・・
ポンちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

あまりにも突然の出来事でしたね。。。
ご冥福をお祈りいたします。

今頃、レインボーブリッジでのんちゃんと遊んでいることでしょう。
最後まで一緒にいることができてよかったですね。

それにしても一体なぜ。。。
私のミミの場合は、ロタウイルスが原因だったのではないか、と思います。

うそでしょ、、、、。
こんないきなり、、
ポン太さんの悲しみを考えると、もう、、、
でもポンちゃん、辛かったろうけど
ポン太さんそばにいてくれてよかったよね。
今頃お空でもう辛くない体で
げんきにしてるよね。
ポンちゃんのご冥福をお祈りします。

ぽんちゃんのご冥福をお祈りいたします。
大好きなのんちゃんのところに行ったんですね。

あまりにも急で・・・ポン太さんしっかりね、ごめんよなんて言わないで。
ぽんちゃん幸せだったはずだよ。
ポン太さんとの添い寝も嬉しかっただろうね。

あまりにも急すぎてびっくりしました…
でも最後にポン太さんが傍にいてあげれて良かったですね。

ポンちゃんのご冥福をお祈りします。

突然の事で・・・。
ぽん太さんだいじょうぶですか?
ぽんちゃん、大好きなのんちゃんと天国で楽しく暮らせますように。
ご冥福をお祈りします。

あまりの急なことで、何と言っていいのか。
最期を看取ることができたことが救いですね。

ポンちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

・・・一体何があったんですか?
突然亡くなったなんて・・・。
ポン太さん、大丈夫ですか?

ポンちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
今はこれ以外に言葉が見つかりません。


突然の急死で、私も辛いを思いをしたことが
二度あります。
添い寝をしたかったのは
ポン太さんではなくて、
ポンちゃんだったのかも。

今は、まだ家の中、走り回っているはず。
ポン太さんのそばに寄り添ってますよ。きっと。。。


突然の訃報、心よりご冥福をお祈りします。
この時期に急に体調を崩すとは、どうしてしまったのでしょうか?。
気持ち的にもつらいとは思いますが、残されたフェレたちのためにも原因をはっきりしておいた方が!

そんな。。。。

あまりに突然で、言葉になりません・・・。
ポン太さんが心配です。
気落ちするなって言っても、今はただ、ただ悲しいですよね・・・。
でも、傍にいてあげられて本当に良かったね。
きっとポンちゃんも、最後はポン太さんの腕の中にいて嬉しかったと思います。

虹の橋で、のんちゃんと再開し、きっとキャッキャと遊んでいる事でしょう。
ポン太さん、今はちょっと寂しくて悲しいだろうけど、思う存分泣いて、あとはゆっくりして、元気なポン太さんになってね。。。きっとポンちゃんも心配すると思うから。

ポンちゃん、きっと本当にポン太さんと一緒に暮らせて、一杯愛してもらって、幸せだったと思うよ!!

えー、信じられないです!

ポンちゃんはここんところポン太さんと添い寝ばっかしてましたよね。ふしぎです。ポンちゃんもなんとなく死期を悟っていたのでしょうか、、、少しでも一緒に居たい残り香でも感じていたいって、そんな様子でしたよね。ポン太さんとの絆をいまさらながらしっかりあらわして見事に旅立ちましたね。。。
どうか、私たちのことなど気にしないでポンちゃんを送ってください。涙ぼとぼとです。

あまりに突然でなんと言っていいか・・・。
ポンちゃんに一体なにがあたんでしょう。

ポンちゃんのご冥福を心よりお祈りします。

突然の事で、色々と大変だったと思いますが最期を看取れてポンちゃんも寂しがらずに逝けたと思います。

今月、ダダの納骨なのでその時に一緒に遊んでくれる様に伝えておきますね。

ポンちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

ポン太さん

突然のことに、なんと言ってよいのか・・・。
 前後の記事や、状況から、小太郎が逝った時によく似てる。と思いました。
ポンちゃん、インスリーノーマほどでなかったにしても、比較的血糖値、低かったのでしょうか。
たとえ健康な子でも、加齢とともに、発作の起きる可能性は高くなっているようです。
 やっぱり、フェレちゃんは、賢いですね。ポンちゃんも、自分を大事にしてくれる人が、帰ってくるのを、ちゃんと待っていたんだと思います。
 最後は、ぽん太さんの傍で・・・きっと、のんちゃんがお迎えに来ていたんだと思います。
 今は、まだ、2人で、ぽん太さんのそばに居ると思います。添い寝している時のように、きっと、そばに居ますよ。

何時もブログを見ては 皆元気で何よりだと思ってました。
突然の訃報に驚いています。
何と言って良いのか分かりません。
今はポンちゃんのご冥福をお祈りいたします。

お悔やみを頂いた皆様へ

 青天の霹靂です。
ポンちゃんの突然の死が今でも信じられません。
ここ最近になって、やたらとポン太のベットに潜り込んでは、ポン太と寝たがったポンちゃん。
何かを察していたポンちゃん。
でもポン太には何も判りませんでした。
ただただ甘えているだけだと思っていました。
病院に駆け込んだ時も、看病中も、命の灯が消えた瞬間も、職場に連れて行って花布団を掛けて居る時も、火葬した時も、骨を拾っている時も、帰りに花を買っている時も、ずうっとずうっと我慢してきました。
 そして帰宅してお仏壇をつくりはじめて、堰を切ったように涙が溢れ出てきました。
言いようのない悲しみがどっと押し寄せてきました。

>ちびこママさん
>Ma-Ruさん
>そらちゃん
>もぐたんさん
>エリンコさん
>こめすけさん
>ニッキーさん
>みかんさん
>ていていさん
>YU-TAさん
>かのんさん
>ワークンさん
>mixiのポン太さん
>歩夢さん
>風流さん
>セシリアさん
>mimiさん
>せんさん
>S太郎さん
>こここママさん
>kenパパさん

 皆さん、ポンちゃんへの励まし、お悔やみ有り難うございました。 
 

突然の悲しい知らせにびっくりしています・・・
インスリノーマの発作だったのでしょうか。
ポン太さんに看取られて旅立てたことで、
ポンちゃんも心強かったと思います。
ポンちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

きっと…
ノンちゃんと、ポンちゃんは
楽しく跳ね回って…
いろんな話やポン太さんの話など
しているんじゃないのかな?

ペットが自分の最期を察した時に甘える行為、私も昔(中学生だった頃)体験しました。
その時は犬だったのですが、信じられないくらい抱き付いてきたり、クルクル回ったり飛び跳ねたりが2日間続いたのですがそれを最期に何処かに行って帰って来なくなってしまいました。

その後も同じ様な事が別の犬であったので獣医に連れて行ったら「そろそろお迎えが来る時期です」と言われました。
この犬の時は最期をちゃんと看取ってやれました。

1匹目の事は母に「みんなが寂しがらない様に1人で逝ったんだよ」って後で言われてとても悲しかったです。
動物って可愛がられた人に感謝の気持ちを伝えたくて言葉ではなくこういう行為になるんだと思いました。

私は2回共、看取ることはできませんでした。
最初は帰宅が間に合いませんでした。
2回目は朝、お別れの挨拶をした後、出勤途中に旅立ってしまいました。

全て、済ませて、生活用品を片付けていて、フェレ友さんからの手紙を読んだ時、今まで堪えていたものが堰を切ったかのようにどっと溢れて、大泣きしました。
今、無垢を抱きしめながら、半泣きでコメしています。

ポン太さん、大変だけど乗り切ってください。

色付きの文字突然のポンちゃんの旅立ちに驚きました
あれほど添い寝したり可愛い子だったのに・・・
伴侶を無くして今が一番辛いと思いますが 残った4フェレのために頑張って下さい
虹の橋で元気に他のフェレズと仲良くしてるポンちゃんに心配をかけないように
いっぱい いっぱい 泣いたら笑って下さい
その笑顔をぽんちゃんは待ってると思います
ぽんちゃんのご冥福をお祈りします

私も 悲しいです・・
あまりにも 急で・・でもそれが・・ポンちゃんの
ポン太さんへの 恩返しだったのかもしれません・・。
できるだけ・・どんなんでも 私たちは
長く長くそばに居て欲しいですが・・
ポンちゃんは ポン太さんを気遣って・・だから
こんなに急に・・だったんだと・・思います。
ポンちゃん・・(p_-)

かわいいポンちゃん
突然の悲報に、悲しみとショックで涙が止まりません。
一番辛いのはポン太さん...

ポンちゃんのご冥福をお祈りいたします。

励ましを頂いた皆様へ

 ポンちゃんは、ポン太にとって最高の伴侶でした。
最後までポン太の事を気遣ってくれたポンちゃんに有り難うです。

>piroさん
>S太郎さん
>ワークンさん
>らんちさん
>ちびこママさん
>るんるさん

 改めて有り難うございます。

トラックバック

http://fereponta.blog83.fc2.com/tb.php/118-736f152a

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。