スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念ですが日本頑張りました!


6月30日(水)OFF あぁ終わっちゃった。

昨日の4フェレたち!



今日のポン太と4フェレたち!

 昨日の決勝トーナメント、パラグアイ戦ですが、
キックオフしてからの日本の動きがとても鈍いと感じました。
そしてマイボールになってからパラグアイに簡単に取られてばかりで
これは負けるなと直感で思いましたが何とか踏ん張ってPK戦に。

 駒野が蹴る時に失敗するとすれば彼かなと心配して観てたら
その通りになってしまいましたが駒野は責められません。
デンマーク戦のような広くサイドを使っての攻めが出来ていれば、
そしてマイボールを持ち過ぎず直ぐにパスする戦術であれば勝てた
かなあと思いましたが、タラレバ言ってもしょうがないですね。

 今回の大会では本田のスピリッツとやはり松井の活躍が際立った。
むしろこれだけの点を取るサッカーが出来たのは松井の存在の
大きさにあったように思います。

 それだけにポン太的にたったひとつだけ悔いが残るとすれば
やはり森本がピッチを走る姿を1度でいいから観たかったって事かなあ。
マイボールになって長く球を持てるのは森本しかいません。
本来ドリブルが上手くない本田は簡単にボールを取られてましたね。
しかし戦前の状態を考えれば上出来だったと思います。

 収穫があった面では日本の組織的なサッカーが世界の強豪に
充分通用した事です。
4年後のブラジル大会に向けてはどうか森本がFWの主力選手で
ありますように。

 ポン太は代表監督が岡田監督になってからも彼を批判した事は
一度もありません。
岡田監督は実にクレバーな監督だったと思います。
ベスト4には行けなかったけど岡ちゃんには感謝感謝ですよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に、よくやった!

こんにちは(^^;;
昨夜は、みんながテレビに釘付け☆
ほんと選手達、よく頑張ったと思います。
互角の勝負☆
駒野は責めらんないでしょう
悔しいけど…
現実は現実…
仕方ないですね…
一発勝負の怖さですね。
阪神タイガース勝ったは勝ったけど…
後から新人さん達が打たれてましたね(苦笑)
12球団一、ピッチャーの悪いタイガースだと思う今日この頃

フェレさん達バテないように気をつけてね☆

同じく

確かに、ボールが足についてない感じが…予選リーグと比較してすぐに感じました。
特に南米の選手は、個人技がうまいと言われていますが…日本と比較すると本当にボールタッチが柔らかくて今回の日本の状態とは逆に感じました。
パスを受けてトラップやドリブルなどで随所に見られました。

確かに後半から攻撃的にメンバーを変えた際に森本選手の投入は良い選択だと思いました。
松井選手を下げてからドリブルで突破できる選手はいませんでしたからね。
セリエAでは当然このくらいの相手とは日々試合をしているのですから、当然交代選手として体力を温存した状態での投入は考えられたと思います。

今回の大会は全員で守って頑張って結果を残した大会で素晴らしく思いましたが、相手が上手で少ないチャンスでしたが、PKではなくて試合の中でゲームを決めて欲しかったと思います。

でも、みんな良く頑張って記憶に残りました♪

サッカーは残念でしたけど、日本は精一杯戦った、頑張った!という
好評価の声が多いみたいですね!
言葉や、生活スタイル、宗教、思想の違う国が
ひとつのボールを追いかけて、熱狂する。
スポーツってすごいなって思います。
それだけに、相撲協会は何とかならないのか・・・
と思ってしまいます。

ポン太さんは、また野球観戦に戻りますか?
メイちゃんの、FERE ワールドカップも終了ですね(笑)

惜しかったですね

今晩は、SARUです。

私はサッカーには興味がないのですが、今回は、インターネットでリアルタイムでテキスト速報を見ていました。
テレビを見れば詳しい情報やプレーを見ることができるのに、なぜテキスト速報なのか自分でも理解できません。試合をじかに見てドキドキしたくなかったからでしょうか? でも、テキスト速報も60秒毎のアップで、その間、どうなっているのか様子がうかがいしれないので余計ドキドキしたかもしれません。
ボールさばきについてはテキスト速報ではうかがいしれませんでしたが、テキスト速報を見る限りでは結構日本もゴールチャンスがあったように思いました。でもほとんどがDFやゴールキーパーにはじかれていたようですね。
日本は惜しくも負けてしまいましたが、パラグアイ相手にPKまで持ち込むのはすごいことなのですよね。
これを機に更に日本の実力が伸びることを期待します。

めちゃくちゃ早起きしちゃって(^^;;

おはようございます(^^;;
サッカー熱も、ようやくさめて…
昨夜は、野球に集中してました
真弓さんは、やっぱり監督の器じゃないですね来年も監督続行なのと話が持ち上がっていますが…
私はやめてほしいと思っています。
同点で、久保田をつかうなんて…
巨人は逆転勝ちで、これでゲーム差が5
阪神は、ここぞってところで集中が切れて悪いクセがあります
今年もだめかなぁ‥
野球熱もさめてきそう…

Re: 本当に、よくやった!

>スジャスジャータさん

 サムライ日本にはホントに良い夢を観させて貰いましたよ。
きっとパラグアイ戦、日本はより慎重になって大胆さが影を潜めてしまい
得点出来ませんでしたが、やはり決勝トーナメントの重圧なんでしょうね。

 そして何とか0-0でしのいだという方が正解だったかも知れませんが、
PK戦で勝ち負けを決するというのはあまりにも残念!
本来は白黒つくまで闘うという方が良いのではないかと思います。

 サッカーが終わってしまうと楽しみは阪神タイガースの勝利のみとなります。
一昨日の試合はほぼ大勢が決してしまったので新人を投入させましたね。
今までこういう事が出来なかったタイガース。
新人2人がそれぞれ2点ずつ簡単に取られてしまいましたが、実践で厳しさを
思い知る事が重要だと思います。

 フェレたちは良く遊び良く食べ良く寝ています!

Re: 同じく

>こがっちさん

 序盤の展開はまるでウルグアイ対韓国の時のようでしたね。
「えっ、これがあの韓国か?」と疑いたくなるような精度を欠いたパス、重たそうな身体の動き。
パラグアイ戦の日本もそうでした。

 そして全体的に感じたのは、明らかにパラグアイの方がテクニックでは上なのに日本の選手は
マイボールにしてから個人で球を持ち過ぎて奪われるシーンが数多くありましたね。
何故デンマーク戦の時のように早いパス回しでサイドからクロスをあげる攻めをしないのかと
非常に残念に思いました。

 パラグアイに何度か決定的な場面を作られましたが失点する事は無かったので日本には運がありました。
それを勝利に結びつけるのは仕掛ける勇気でしたがパラグアイ戦ではそれが足りなかった気がします。
それと何度か貰ったFKを全て遠藤に任せてしまったというのもねえ。
パラグアイが嫌がっていたのは遠藤ではなくて本田でしたからね。

 もし日本がPK戦にまで持ち込む戦術だったとすればもうそこで負けですね。
PK戦はあくまでも時の運ですから決勝トーナメントではどうしても勝ちに行かなければ
次は無いくらいの強いモチベーションを持たないとです。

 しかし個人のレベルはかなり低い日本は組織的によく頑張りました。

Re: タイトルなし

>メイママさん

 そうですよね。
国対国の戦いの代名詞がワールドカップサッカーと言っても過言ではないですね。
今回のサムライジャパンチームは岡田監督になってから戦績も振るわず予選全敗敗退というのが
順当なところだろうと思われていましたが点を取って通過しちゃいましたからね。
日本は精一杯戦ったし頑張ったと思います。

 そんな世界が熱狂している一方で日本の角界は崩壊寸前まで来てしまっていますね。
正直日本人の横綱が居ない相撲界には全く興味が無くなってしまいました。

 それよりもいつかFERE ワールドカップでメイちゃんとポン太JRが対戦出来たらなあと思いますね。

Re: 惜しかったですね

>SARUさん

 あまり大きな声では言えませんが、日本がパラグアイに勝てなかったのは
試合の入り方が悪かった為ですね。
延長戦やPKまでを想定した戦い方をしてしまった事が敗因のひとつめ
2つ目は選手各自がマイボールを持ち過ぎた事で3つ目はFKを本田が一本も蹴らなかった事。
俺が俺がもいけませんが遠慮はもっと良くありません。

 試合後気丈に振舞っていた本田もロッカー室で大泣きしたそうですが、何故本田はFKを全て
遠藤に任せたのでしょうか?
パラグアイはファールを取られてゴール前でFKを与える度に審判に激しく食い下がっていました。
それほど本田にFKを蹴られる事を怖がっていたのです。
それをきっと本田自身がパラグアイは自分のFKに対して何か対策を取って来ているのだろうと
考えすぎてしまったのでしょう。
警戒しているのが判り切っているのなら本田が蹴るべきでした。
本田が大泣きした内面にはきっとその後悔があったに違いありません。
その後悔があったから後半日本が決定的な場面で本田は焦って枠を外してしまったんだと思います。

 決定的なピンチは日本に何度もありましたが運良くゴールされませんでした。
日本はツイていました。
ツキが日本にあったからこそ日本は勝てる試合を落としてしまったというのがポン太の本音です。
その場面はやはり実際に試合を観戦してみないと判らないと思います。

 日本の課題は決定的な場面でいかに冷静に点を取れるFWを育てられるかです。
個々のテクニックを11人全てに引き上げる事は日本人には難しいと思います。
これは背景にある文化や歴史にあるように思います。

 あくまでも組織で戦い、デンマーク戦で見せてくれたような積極的な攻めが出来ていたら勝てていた
でしょうし、パラグアイ戦に勝つ事によって次の相手であるスペインにも勝つ可能性は充分にあっただろう
と思います。
パラグアイ戦に関しては日本は組織的にはあまりにも消極的であり、反面個々がマイボールを持ち続けられる
と勘違いや過信をしてしまった事で決定的な場面をより多く作れませんでした。
これが敗因の全てです。
オシム前監督が辛口で酷評した全てが出てしまった試合でしたね。

 球を持ち過ぎて相手にボールを取られてしまって繋がらないサッカーをした一番手は大久保でしたね。
オシム前監督は大久保に対して動きは良いが周りが全然見えていないと酷評しましたがその通り。
一方で本田は遠慮してしまった。

 パラグアイ戦を総括すると予選とは全く違ったサッカーをしてしまったから勝てなかったって事でしょうかねえ。

Re: めちゃくちゃ早起きしちゃって(^^;;

>スジャスジャータさん

 久保田は本来先発型の投手です。
それに久保田の長所を押さえの場面では城島では引き出せないというところです。
ここに気づかないと久保田は今後何度抑えに出て来ても薄氷を踏むようなピッチングに
終始すると思います。
ポン太はずうっと思って来たのですが、藤川球児も久保田も城島がマスクを被るようになってからは
打者を仕留めるのに非常に多くの玉数を投げさせられてますし、それだけ苦労してます。
何故でしょうか?
真弓監督は早くそこに気がつかなければなりませんね。
気がついてくれれば矢野の存在が大きくなる筈です。
久保田や藤川球児・渡辺といった中継ぎ押さえに対して矢野がどんなリードをするのか
城島にも見せるような采配をして欲しいのですがそんな勇気は真弓監督にはありませんよね。

 阪神は¥タイガースは直接対決で巨人を叩くしかありませんが5ゲーム差は大きいですね。

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。