スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無期限でブログを休止します!

 FC2ブログを始めて以来こんな気持ちになったのは初めてですが、
今ブログを書く気が全くおきません。
暫くブログの無い世界に身を置きたいというのが正直なところです。
あえて期限は設けずブログを休止させて頂きます。
誠に勝手ではありますが申し訳ございません。
スポンサーサイト

本日2度目の更新ですが緊急報告です!

 ポン太だけでなくFC2ブログを利用されてるブロガーのブログに不具合が頻出してるようです!

  ポン太の場合はブログの更新をするのにまずは記事を書くのですが、その途中で
「このWEBページには異常があります」といきなりマイクロソフトの警告が出てしまい、
インターネットエクスプローラーが再起動する為に、今まで書いた記事が無常にも破棄されて
しまうという現象が数十秒間隔で不定期に出てしまうために、時には1回のブログ掲載に何時間も
費やす事になってしまっています。

 これはあくまでもFC2サイトの不具合によるものですが、そういう症状が出ている方は是非
お知らせ下さい!

 ポン太がここ最近ブログ更新が遅れたりコメントなどが遅れている理由は全てこの為です。
時にたった一日分のブログを更新するのに半日、あるいは深夜までかかっている状態で
私自身も非常にストレスを感じておりますが、なんとかブログだけは継続したいと思っています。

トンフルエンザ発生の不思議と新薬開発!


11月9日(月) 日勤 あちこちで咳を激しくしてる人を見かけて怖いなあ。

 今日は『トンフルエンザ発生の不思議と新薬開発』についてちょっと長く
なるけど語ってみたいと思います。

 新型インフルエンザ(=豚インフルエンザ)を以下トンフルエンザとした上で!

当時メキシコの養豚場から発生したと報じられているトンフルエンザですが、
実はこのトンフルエンザウイルスをCDC(=米疫病対策センター)がそのDNA
を調べたところ驚くべき事実が判明したそうです。

 なんとトンフルエンザのDNAにはアメリカ大陸由来の豚のDNAとユーラシア
大陸由来の豚のDNA、さらには鳥のDNAと人のDNAの4つが混ざり合って
いたのだそうです。

 常識的には考えられない交わり方に研究者の間では「人為的に作られたウイルス
ではないか」と囁かれたと言います。
それではどうやってそのウイルス株を手に入れたのかという事になるのですが、
実はあの歴史上有名なスペイン風邪が鍵を握っているようです。

 スペイン風邪はスペインが発祥地ではなくて実はアメリカのシカゴ周辺が発祥地!
たまたまスペイン王室で感染者が出た為そう呼ばれるようになったのですが、
1918年~1919年の戦時中に最初に発生し、アメリカだけで500万人が感染し
そのうちの10%の50万人が死んでいるんです。
そして2度目は1957年~1958年に大流行しています。

 スペイン風邪は弱毒性と言われていますが、当時5000万~1億人の死者が出たと
言われており、その為に世界大戦終結が早まったとさえ言われています。

 話を元に戻して、当時遺体の処分に困ったアメリカ軍は焼却し切れなくて、
スペイン風邪による遺体をアラスカの永久凍土に一斉に運んで埋葬しています。
そういった歴史的経緯があるので永久凍土を再び掘り返し、遺体からスペイン風邪の
ウイルス株を手に入れる事は充分に可能な訳です。

 もちろん新型インフルエンザのウイルスをアメリカ軍部が生物兵器として開発し
軍用機でどこにでも散布可能です。あくまでも想像ですが・・・

 何でも公開された調査資料によるとスペイン風邪のDNAは鳥インフルエンザと
豚インフルエンザのウイルスが豚の体内で結合されたものと書かれています。
だとすればそのウイルス株に手を加えたら今回のような新型インフルエンザの
新種ウイルスが完成するという訳です。

 それでは何故発祥地がメキシコだったのでしょうか?
ここのところ狂牛病などで牛肉輸出大国のアメリカは経済的にに被害甚大でした。
狂牛病の原因はウイルスではなくタンパク質の一種であるプリオン。
今の文明では人工的には作り出せない。

 世界では鳥インフルエンザで多くの鳥の処分や輸入制限もありましたが、
インフルエンザが落ち着くと需要も戻って来ました。
その間に需要が激増したのが豚肉だった訳です。
豚肉の輸出大国であるメキシコで発祥したとされるトンフルエンザ。

 遡ってブッシュ大統領時代に国防長官だったラムズフェルドはインフルエンザの
治療薬である『タミフル』の特許を所有しているバイオテック企業ギリアド社の会長を
当時務めており株主でもあった為、鳥インフルエンザ騒動でかなりの資産を増やした
と言われています。

 過去にはエイズやエボラ出血熱・マールブルグなどが発生しており、それは
アフリカの未開地に元々あったものが文明の力により拡散したとされています。
しかし本当にそうなのでしょうか?

 ポン太には100年に1度と言われている今回の世界的不況の元凶となった、
低所得者層に高金利で融資するというサブプライムからリーマンショックに至る
経緯と新型インフルエンザまで全てが、ある強大なごく少数の者たちによって
仕組まれた人為的な事件のような気がしてなりません。

 さて日本のインフルエンザ治療薬の開発状況ですが、塩野義製薬がタミフルに
代わる「ペラミビル」という治療薬を開発したと発表しています。
これはタミフルが飲み薬であるのと違って点滴によって注入するので、タミフル
よりもさらに強い効果が期待されています。

 しかしながらポン太が今最も注目している治療薬は、富山化学工業が治験を
開始している抗インフルエンザウイルス薬「T-705」です!
これはあの強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスにもマウス実験では
劇的効果が現れており、これが承認されればどんなインフルエンザにも効果を
発揮する万能治療薬として世に出る事になるからです。

 何故万能的な治療薬となりえるのかと言えば、「T-705」は今までの治療薬
とは全く別の仕組で治療効果をもたらすものだからです。
従ってインフルエンザ特有の耐性ウイルスへの変異にも対応出来るという訳です。
早ければ今年中に認可が下りるかも知れません。
少なくともタミフルのような怪しい薬ではないのです。



誰も遊んでくれないで可哀相なマロン!

 初めてトンネル遊びに参加したマロンですが誰も相手をしてくれないので、
ポン太も見ていて可哀相になりました。どうしたんだろ?
何だかホームセンターで売れ残ってしまい、処分されかかって狭いゲージの
隅で震えてたあの頃のマロンを思い出してしまう。







今日のポン太と4フェレたち!

 試験も終え今日からまた4日間勤務ですが、同じ轍を踏まないように
要領良く立ち回って残りのマニュアル完成と再度資格試験の勉強に励み、
4フェレさんたちとも良い年を迎えられるように頑張らねばです。
よ~し気張っていくぞ~!

出勤前のマロンとマイキーJR1109

出勤前のラブとポン太JR1109.JPG

 4フェレたちの寝顔を確認してからお出かけです!




 帰宅して直ぐにフェレさんたちの猛抗議にあいました。
「早く出せ~、でないとご飯茶碗ひっくり返すど~」とまるで脅迫されてるみたい。
仕方なく夕飯前に放牧してさしあげましたが、まるで小姑のように口やかましくなる
ポン太がそこには居ます。

 





今日何食べたっけ?

朝飯:(自宅で)レーズンロールパン、パイナップルジュース

朝飯1109

昼飯:(職場で)白飯、ウインナー炒め、玉子焼き、海老・昆布巻き
         三色豆、味噌漬け

弁当1109

夕飯:(自宅で)白飯、豚モツ入りマーボ茄子、エリンギチンゲン菜の野菜スープ

夕飯1109
 
 食事用意してる間中メディカルではマイ君がお水の器をひっくり返すし、
隣の2階建てマンションではラブが激しく扉を揺さぶる。
「どしたん君たち?何処か虫の居所でも悪いのかん?」




プロフィール

ポン太

Author:ポン太
ポン太ブログへようこそ!!
写真はお星さまになったポンちゃん
苦しい時辛い時いつもポン太を癒し
支えてくれた伴侶であり母でした。

 虹の橋の向こうにはポン&ジャスミン
とのん&のこの4フェレ天使

 そして現役組では
ワンパク男組に
マイキーJRとポン太JR
お転婆乙女組に
マロンとラブが居ます!

 そして我が家の大黒柱
ポン太パパです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。